直列4気筒(3000cc)

エアガン弄りが再燃した50代おっさんの記録です。

マルイ PSG-1 (~2007)

PSG-1その12

200706181

さまざまな都合で旅立っていきました。
あたらしい世界でがんばってくださいな。

さようならPSG-1 ・゚・(つД`)・゚・

PSG-1その11

Ver.4メカボックスのメモ

シリンダーの長さ 82mm
ピストンの長さ 84mm

200704191

200704192

ギヤを回しながらピストンの出ている部分を測って調べたストロークは

  ピストンが解放されるあたり 76.5mm
  ピストンの前進端 10mm

  76.5-10=66.5mm

ピストンが解放されるあたりのピストンヘッド位置はシリンダー先端から75mm
同じ考えが通用するなら、Ver.2やVer.3のシリンダーでは65mmあたりになるのかも

ピストンのギア数がVer.2とVer.4で3枚(10mm)違う事から合ってるはず。

何かの参考にしよう。

PSG-1その10

年末の大掃除で「クイックルワイパー」の残骸を発見したので「背骨」を追加してみた。

200701081
コッキングレシーバーのシャフト部分をもぎ取って、クイックルワイパーをねじ込む

200701082
レシーバースコープマウントの出っ張り近くに合わせてカット

200701083
こんな感じ

200701084
ちょっと短かった(^^ゞ

200701085
ダミーボルトのところは何か考えよう

作業時間は15分くらいでいい感じの剛性が手に入った。
コッキングして初弾を装填する操作は捨てる事になったが、もう少しPSG-1を弄ってみよう
という気になってきた。

PSG-1その9

200607181

結局、ストックの加工を諦めて無難なインテレクトの7.2V1400mAニッケル水素を購入。
軽量化にもなるし…(^^ゞ

200607182

本体にはマウントレールをハンドガード下に追加、ハンドレスト撤去
そろそろ試射会したいなぁ

PSG-1その8

200607051

パワー調整しています。

   インナーバレルを600mm→450mmにして98m/s→94.6m/s
   純正スプリングを2巻きカットして89m/s

0.99Jでとても微妙な数値までもってきました。
バネが軽くなったことで空撃ちだとピストンをコッキング位置に保持できなくなってます。
7.2Vバッテリーなら正常にコッキング位置で保持するので、この方向で…

スプリング端のへたりも期待して暫くこの仕様で使ってみよう。


プロフィール

ぽーーん

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

amazon