直列4気筒(3000cc)

エアガン弄りが再燃した50代おっさんの記録です。

2016年07月

クローニー弾速計 その2

img_3


弾速計の電池を交換したのでサンプルを増やして計測してみました。


1.前回試した固定ガスのSOCOM
 前回からメンテ無し

2.18禁エアコキのSOCOM

3.借り物のマルイM92Fタクティカル
 知人が10年ほど放置、熟成していたもの。
 可動部の殆どが固着ぎみだったのでシリコンオイルを吹いて取り敢えず動くようにしただけ。

--------------------------------------------------
ガス、弾は前回と同じくHFC152a、0.25g 10発の平均値です。

・前回試した固定ガスのSOCOM 73.0m/s
・18禁エアコキのSOCOM 58.5m/s
・借り物のマルイM92Fタクティカル 78.5m/s
--------------------------------------------------

固定ガスのSOCOMは別として、他のサイトで計測されている数値よりも2~3m/sくらい高めに
計測されているように感じます。

使用している弾の重さが0.25gですから0.2gだともっとでしょう。
やはり、他の弾速計との比較してみたいです。

とはいえ、本来なら固定ガスのSOCOMが初速一番になる予定だったのにこの結果です。
ホップ調整ダイアルを回しても弾道に変化が無いのでチャンバー周りの整備をしてみようと思います。

初速の絶対値計測では少々疑問が残りますが、エアガンの状態を知ることはできました。

CYMA CM049なMP5

そのまま放置しておくと細かい部品を紛失してしまうので、チャック付き袋に整理しました。

201607161

ピストンレールも磨いてあるので基本的なところは押さえてあるようです。
ノズル長は21.5mm、ベベルギアのラッチは6でした。

201607162

ヘッド付近もよーく観察してみると割れ対策がしてあります。
この部分は黒い塗料が乗っていましたから後加工したのではなく、最初からこうなっている
「強化タイプ」のメカボックスのようです。

CYMA CM049なMP5

リサイクルショップのジャンクコーナーにメタルなMP5があったので購入してみました。
すでにバラバラですが、


201607121


201607122

外装ではフロントサイトが破損、リアサイトとハンドガード、ストックが欠品な状態。
中身は揃っている様子でバッテリー繋いでみると普通に動いてました。

メカボックスの内部は軸受けが接着してあったり、緑色のグリスが見当たらない事から
一度はメンテされていたのかもしれません。

クローニー弾速計

img_0


クローニーの弾速計を発掘してきました。
2007年頃PSG-1をデチューンするために購入したような気がします。


img_1

別売のライトユニットを取り付けないと室内で計測できないことや、フィート表示のみといった仕様で
今時のX3200と比べるとあまりお手軽な機械では無いですね。

img_2


試しにマルイのSOCOM MK23で計測してみました。
73m/sくらい(気温30℃、ガスはHFC152a、弾は0.25g)という結果…正確に表示しているのかな

画像を見て気がつきましたが0.241フィートではなくて241フィート。
2007年の中国電池そのままなので「Low Battery」となっていたのだと思います。
プロフィール

ぽーーん

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

amazon