直列4気筒(3000cc)

エアガン弄りが再燃した50代おっさんの記録です。

マルイ MP5K HCにアングスのスプリングをポン

なんのひねりも無くただポンと交換してみただけの記録です。

作業を行った個体は適正HOPで65m/sという状態のものです。
まずパカッと

201812271

201812272

シリンダーヘッドがユルユルとか、ノズルがガバガバとか色々目に付きます。
が、今回は触りません。見るだけです。

純正のハイサイクル用スプリングを取り出して

201812273


純正のハイサイクル用ピストンをちらっと観察
Oリングにはグリス無しでした。

201812274


で、アングスのスプリングとの比較。
ちょっと長いですね。

201812275

そのまま組み込んでの初速測定は77m/s。
(スプリングの向きは純正に習って荒い方をスプリングガイド側にしてます)

500発ほど打ち込みましたら78~80m/s位をうろうろ。



S&T M870をブリーチャー風に

M870ブリーチャーのフォアエンドがかっこいいなぁと思っていたらG&Pにあったので買ってみました。

アクションバーと結合する部分の形状がS&Tの小判型に対して、マルゼンが四角というふうに違っていることは下調べしていたので、削ったりパテ盛りしたりの加工をするか、アクションバーをマルゼンの物と交換するかを想定していましたが結果はポンでした。

製造時期とかロットの違いで全てポンかは判りませんが…


調子に乗ってレールも追加してます。
ゲームに持って行きましたがスコープ忘れました。
201812202

201812203






S&T M870のストックをショート化2

ストックを40mmカットした後で放置していたM870のバットプレートを作りました。

材料は2mm厚のアルミ板。
適当なサイズの切れ端を使ってサンダーと棒ヤスリでチマチマと…

201811041

30分ほどの作業でした。
サラビスを使うのでザグリを入れて

201811042

足付けした後に脱脂してつや消し黒で塗装。

201811043


マルイ MP5K調整

軽くて取り回しが楽なのですが、初速が69m/sくらいと少々寂しい状態でしたので
単純に初速アップのみの作業をしてみました。

201809231



使ったパーツは

1.通販の送料調整で買っていた「ACE1ARMSの不等ピッチM100スプリング」
2.初速をちょっと下げるのに「マルイのAK47メカボックスに入っていたスプリングガイド」
3.給気穴加工(2mm*4)した純正のピストン


スプリングガイドはMP5K用を見ると
201809232

AK47用と比べて4mmほどかさ上げしてあるんですね。
で、初速がちょっとあれになりそうな気がしたのでAK47用を使いました。
スプリングカットやセクターカットよりお手軽なので…

結果はチャンバー周りの気密取りには手を出していない状態での適正HOPで
89m/sくらいの仕上がりです。


S&T M870のストックをショート化

ストック付きの「S&T M870ソードオフ」が人間側の寸法に適合していないので調整
しました。


201809151


パッと見は違和感少ないと思います。
が、

201809152

40mmカットしてます。

201809153

バットプレートを取り付けるねじの下穴を3mmで開けて

201809154

M4のタップを立てて

201809155

201809156

バットプレートを新しく作る時間が無かったため、元のを取り敢えず付けてみます。
(ネジ位置は変わっていないので)

樹脂に直接タップを立てているので、ネジの締め付けはやさしく。


これで小柄な人でもポンプアクションがスムーズに操作できるようになりました。
プロフィール

ぽーーん

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

amazon